首イボ除去するためのいぼの基礎知識

まずはイボの種類についてみていきたいと思います。ここに出てくるイボは顔・首・デコルテにできる可能性があります。

 

ヒト乳頭腫ウイスルとイボ

ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルス)の感染によってできるウイルス性疣贅があります。

尋常性疣贅はもっともよくみられるウイルス性のイボで手足のほか顔にもよくできます。青年性扁平疣贅は思春期以降によくできるイボで、おでこや頬にできやすいのが特徴です。シミに似ており、褐色の色素斑がたくさんできるのが特徴です。これらのイボは放置しておくと数が増え、他人にうつしてしまうこともあるので治療が必要です。

水イボ(伝染性軟属腫)とイボ

ミズイボ(伝染性軟属腫)もイボの一種であり、伝染性軟属腫ウイルスに感染することでできるイボです。特に子供の感染が多く、プールなどで感染が広がる場合があります。ほっておくと治る場合がほとんどです。

 

中年イボ(アクロコルドン・スキンタッグ・軟性線維腫)

中年イボ(アクロコルドン・スキンタッグ・軟性線維腫)は首筋やわきなどに、中高年期に見られる良性腫瘍です。色は褐色から黒色で、丸いものや細長く伸びたものなどがあります。悪性に変化することはなく放っておいても害はないですが、美容の観点から治療は可能です。

 

老人性イボ(老人性疣贅・脂漏性角化症)

また年寄りイボ(老人性疣贅・脂漏性角化症)は高齢者に多い疾患ですが、20代でできる人もいます。皮膚の老化によって発症する良性腫瘍です。日光による紫外線が当たる顔や頭皮にできることが多いですが、手のひらや足の裏以外は体のどこにでもできます。色は茶色っぽいか黒い場合が多く、形状は平たかったり隆起していたりとさまざまです。このイボ自体には害は無いですが、よく似た悪性腫瘍もあるので注意が必要です。

 

イボの見分けはつくのか?

ウイルス性のイボは白っぽく硬いものが多く、中年イボ・年寄りイボは茶色や褐色で軟らかいものが多いのである程度の見分けはつきそうです。ただ、皮膚科の専門医も病理診断しないと分からないこともあるようなので、中には非常に分かりにくいイボも紛れています。

なので、まずは気になるものがあってどんどん増える、大きく広がって来きたなどがあったら早めに1度は皮膚科を受診して専門家の意見を聞いて安心しておいたほうが良いと思います。

 

 

病院での治療法と金額

これら全てのイボは顔にもできますが、病院での治療法はほとんど共通して「外科的切除」が一般的です。(ミズイボは自然治癒すること、子供に多いことから治療しないこともあるようです)。

 

病院での外科的切除の方法にはいくつか種類があります。

医療用ハサミ・メスでの切除

皮膚から細長く伸びているイボは医療用のはさみやメスで切除することがあります(皮膚腫瘍摘出術)。大きさによりますが、費用は保険適用(3割)で5000円ほどです(初診料や再診料は除きます)。

 

液体窒素による凍結凝固法

次に液体窒素を用いた治療です(いぼ冷凍凝固法)。侵襲性が低く、保険適用されやすいのでよく使用されますが、痛みがあること、何回も通院しなければならないのが欠点です。すべてのイボが保険適用で、3割負担の場合700円程度の治療費です。イボが4箇所以上だと少し高くなります。

 

炭酸ガスレーザーで焼く

炭酸ガスレーザーによる焼灼(皮膚レーザー照射療法)です。治療範囲を細かくコントロールできるため、治療跡が残りにくいのが特徴です。ただほとんどの場合、イボには保険適用されないため、保険外診療となります。値段は病院によって独自に設定しており、費用は数千円~数万円かかります。

 

電気メスによるイボ切除

電気メスによる焼灼(いぼ焼灼法)は、イボが大きく範囲が広いときや難治性の場合に用いられます。侵襲性が高く治療後のケアが大変なのがデメリットですが、治癒率が高いというメリットがあります。これも冷凍凝固法と同じ費用です。

 

その他の切除方法

上記がイボ治療の主流ですが、このほかにも医療機器の滅菌消毒に用いられるステリハイド(グルタルアルデヒド)をイボに塗る治療法やイボの一種の尖圭コンジローマの治療に用いられるベセルナクリーム(イミキモド)をイボに用いる治療を実施する病院があるようです。いずれも保険外適用で、効果もあまり分かっていないようです。もちろんヨクイニンの内服やサリチル酸の外用薬も用いられます。

 

病気には学会がつくる治療ガイドライン(例えば高血圧であれば日本高血圧学会が出している高血圧治療ガイドライン)が設定されていることが多いですが、イボの治療にはありません。そのため、医師によって治療内容が大きく異なっているのが現状のようです。イボの治療を受けようと思った場合には、その病院の医師がどのような治療方針であるのか確認するのも重要です。

 

自己治療の方法と金額

イボの自己治療はかなり限られてきます。

効果が認められるのは、ヨクイニンの内服薬とサリチル酸の外用薬だけです。ヨクイニンの内服薬は1ヶ月分で5000円ほどかかります。病院で処方を受けると1000円以下で手に入るのでかなり高額です。

イボコロリは一瓶800円ほどなのでコスト的に使いやすい薬です。ただし、イボコロリは魚の目やタコのような角質層が飛行したタイプのイボに有効ですが、一般的に顔やデコルテにできるイボには効果がありません(悪影響をおよぼすこともあるのでおすすめしません)

余談ですが、イボ地蔵やイボ観音にお参りをするだけで治ってしまう事例があるようです。

「治る!」と信じて免疫力が高まるためと考えられています。皮膚科学会にも記載がありびっくりしましたが、これで治れば費用は0円ということになります。

 

首イボクリームは効果あるの?

首イボクリーム(クリアポロンやつやつや習慣などの化粧品)は処方箋なしで通販で購入できる首イボケア商品ですが、こういったものの効果は医学的な証明ははっきりしてません。

ただ、加齢によるイボは肌のターンオーバーが正常に行われなくなってきた影響もあるので、肌のターンオーバーで肌にたまった老廃物を取り除き肌を健康な状態に保つことができれば予防には繋がる可能性があります。(できてしまったものは除去したほうが早いかも)

 

クリアポロンなどの化粧品にはイボケア成分のハトムギエキス(ヨクイニン)が配合されていますし、ターンオーバーを高める美容成分も配合されているのでお風呂上がりに塗るだけでも肌がふっくらと柔らかくなり艶のある肌をキープできます。

 

イボが頻繁にできて困るという方は、日頃のお手入れにこういった首イボケアクリームを取り入れることでお肌のお手入れと一緒に首イボ対策にもなれば一石二鳥ですよね。

クリアポロンなら初回購入(1個)は180日間返金保証してくれるみたいなので、試しに使ってみるといいかもしれません。